ブログトップ

落語に行ってきました
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
リンク
絶品!キャットフード

検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
権兵衛だぬき
「権兵衛だぬき」

毎度ばかばかしい作文でゴキゲンをうかがいます。
毎週月曜日、好評(かどうかわからないまま)更新中。
単なる落語好きの繰言、今週もよろしくお付き合いのほど願っておきますが。

息子といつものスーパーに買い物にいきました。
出口付近、ガチャポンの前に正座している大きなお子さんがいましてね、あらまあそんなにも欲しい物があるんだなあ、なりは大きくてもまだまだ子どもなんだねぇとほほえましく思っていましたら、うちの小僧、
「おかあさん、あの子見て。あんなところで正座してるよ」
「これこれ、人を指差すもんじゃないよ」
「これから落語でも始めるのかな」
と申しました。
「ガチャポン客に見立てて落語を語る人はいないと思うよ、息子よ」
と、言いました、私。
っていうか、子どもは普通、落語しないと思う。
っていうか、正座したら落語を連想する、そんな落語ファンの息子に育っていることを、誇りに思います。

さて、その息子のお気に入りは「権兵衛だぬき」。
いたずらたぬきが、独り者の床屋の権兵衛の寝入り際を邪魔します。現代で言うところのピンポンダッシュですな。
とっつかまえて、坊主刈りにし、野に放ってやると翌日またもたぬきはやってきて……。

お話がわかりやすくて、それでいてリズミカル。お子様向けの寄席でもよくかかるそうです。
以前息子の友達がお泊り会にやってきたときにも、この権兵衛たぬきを読み聞かせしたときが一番食いつきがよかったですね。
「ごーんべっ」
「ごーんべっ」
と、狸が尋ねてくるあたりでくすくす笑っておりまして、翌日も床をどんどんと足踏みしちゃあ「ごーんべっ」とやっておりました。ああ、この子達に本物の寄席を見せてやりたいなあと思いましたよ、私なんかが読む絵本ではなくね。

ずいぶん前に、教科書に落語が導入されたってんで、学校で、お母さん達相手の落語講習会がありました。
落語は、耳から聞くからイマジネーションが広がるという教育的効果があります。
さらに、話す訓練の基本、コミュニケーションの基本は、聞く訓練からなのに、聞くことがいい加減になってきている現代、落語の再認識は素敵ね。というような内容だったと記憶しています。いやもう、私ごときの記憶力なんで、あてにはならないが、なんたってそのときに落語の読み聞かせ絵本を買ったぐらいですから、私は立派に教育ママさんだ。感化されやすいだけという話もありますがね。
実際に読み聞かせると「ぐりとぐら」のホットケーキぐらいにしか食いついてこなかった息子が、落語の読み聞かせは、食い物が出てこない噺でも、ずいぶんと楽しみにしていました。
「小僧、何飲む?」
なぁんて日常生活で聞いたときに、
「最後に一杯、お茶が怖い」
なんていわれますと、なかなか通っぽくていいものです。権兵衛だぬきの落ちは、日常生活にはまだまだ使えませんがね。
なんていうんですか、これも息子への英才教育の一つなんでしょうか。才能を考えると、今ひとつ噺家さんには向かないし、芸人さんへの道は厳しく険しいのであまり推奨しないんですが、早いうちから寄席の喜びみたいなのだけは、しっかり教えといてやれるといいなとは思ってます。
息子が将来サラリーマンになって、彼のことですからかなりしょぼいミスをして、ああもうこんちくしょう、大川に身を投げて死んじまおうかと思ったりもする、そんな時。すすーっと寄席の木戸をくぐり、「ああやっぱり人生捨てたもんじゃねぇなあ」って思える場所を確保しておいてやれたなら、そりゃあ財産ってもんですよ。
子ども時代の楽しい記憶がありゃあ、大人になってから少々のことがあったって、へこたれねぇ。海外旅行なんてのは、父ちゃんの稼ぎの都合上、夢のまた夢でも、江戸時代にタイムスリップできるってんだから、豪勢だ。
一緒に楽しくお出かけして、水蜜のついた団子やメイプルシロップのたっぷりかかったホットケーキでも食べて、寄席で神楽見て驚いたり、漫才や落語で笑ってさ。くわーっっっっ。いいねぇ。
……おおっと、こうしちゃいられねぇや。寄席に行ってまいります。
[PR]
by u-ko_suzuki | 2008-09-22 11:26